やっぱり中途半端に幕引きされちゃうのねw

今日も今日とて、毎日毎日…

昨日は久しぶりの飲み会でしてw
昨日中に帰宅できなかったので、ブログ更新は無しでした。
このままズルズルと三日坊主にならないようにしないとね(汗)

でね?
舛添さん、早々と辞任決めちゃったじゃない。
百条委員会も開かれず、おそらく議会はこれ以上は追求しないよね。

で、辞職金2200万だっけ?月給もまるまる貰って、問題の追求からも逃げられて…
すげーお得感?
無給でいいから9月まではって言ってたご本人、自民党とかからも見放され、これ以上逃げきれないって思ったんだろうねぇ。
辞めるのはいいけどさ、せめて辞職金だけでも「辞退」すべきじゃないのかなって思うは私だけじゃないよね。

辞任で幕引き。
次の都知事選出(推薦?)にむけて、党のお偉いさんとか政治家さんが躍起になってるし、もちろん議会とかもこれ以上は追求するつもりはないよね。

税金をいいように使われたんだからさぁ、(マスコミとかに煽られた)「都民」とか国民の皆さん、辞任で納得するの?
マスコミの皆さん、これ以上は追求(糾弾?)しないの?

違法じゃないけど不正に使われたであろうちょっとしたお金だけ返金して、それで終わりですか?
マスコミの皆さん、記者の皆さん、もっと頑張ってよ!

もちろんやったことは違法じゃないにしても、倫理上変だよね。
っていうか、そんなことができる仕組みになってることが、そもそもの問題だよね。
政治資金規正法(規制法じゃないところがミソ)、自分たちで自分たちを規正(規制じゃないよ)する。
あの政治家さんたちが、自分の首を絞める法律を作るわけ無いじゃん。
政治家のための法律は、民間で、我々の手で作るべきであると思う。
だってさぁ、当事者が作ったんじゃどっかに抜け道を作るに決まってるじゃん。
※現に政治資金規正法は「ザル法」と呼ばれております。

違法性はない。
その法律がおかしい、そんな法律自体が違法なんじゃない?

なんて思う今日このごろ。

コメントを残す