配偶者控除について思うこと。

今日も今日とて、毎日毎日…

もともとウチは共働き(どちらも正社員)だったからさぁ、配偶者控除とか縁遠かったことを前置きしておいて…

女性の社会進出を阻んでるとかさぁ、106万?130万?の壁とかさぁ綺麗事を言ってるけど、結局のところ「所得に応じて社会保障費負担してよ」ってことだよね。

でね?
配偶者控除の撤廃?廃止?は、私も賛成したい。

年々膨れ上がる社会保障の費用、現役世代だけの負担ではすでに限界が来てるじゃん。
なので専業主婦でもパートとかアルバイトで収入を得てるんなら、応分の負担はすべきだと思うのよ。

所得に応じて負担っていう仕組みなら、106万とか130万の壁自体が存在しなくなるじゃん。
社会保障費も若干(?)ながらまかなえて、時間とか収入を気にせず働ける。

いんじゃね?

もちろん今までより負担が増える家庭も増えると思うけど、今までが優遇されすぎてただけ。
相応の負担はしてもらわないと平等とは言えないしね。

でもさぁ…
女性の社会進出とか綺麗事を並べないで、収入があるのなら相応の負担をお願いいしたいって素直に言えばいいのにって思う。
どうもその辺はさぁ濁してっていうか、はっきり言わないよね。

負担して欲しいなら、負担して欲しいって素直に言え!
なんでもオブラートに包んだり、問題をすり替えたり…姑息な手段を使わず素直に言え!
政治家や議員さんとかに強く言いたい!

って思う今日このごろ。

コメントを残す