家族は、互いに助け合わなければならない。当たり前のように聞こえるけれど…

今日も今日とて、毎日毎日…

自民党改憲草案の第二十四条の1らしい。
まぁ普通に聞くと「当たり前じゃない?」みたいな感じだけど。

お客さん、これって憲法の草案ですぜ?
自民党(安倍ちゃん?)がめっちゃ積極的に改正したい日本国憲法ですぜ?
裏があるに決まってるじゃん!

家族は互いに助け合わなければならない。
裏を返せば、国とか自治体?社会保障を頼らずに「まずは家族を頼ってね。家庭内でなんとかしてね」ってこと。
そうは書いてないじゃんって言われるかもしれないけど、書いてないんじゃなくて「書かない」だけ。

考えてもみてよ
ただでさえ社会保障費用でパンク寸前で、なんとか費用削減?抑えこもうとしてますよね。
お金は出したくない。なので「家族でなんとかしてね」ニッコリ♪
そうなると、どうしようも無くなって助けを求めても、「ほら~憲法に書いてあるでしょ?家族でって」(怪訝な顔で)って突っぱねられかねないよね。

老後の面倒を見る。
当たり前ではあるのかもしれないけど、現実はかなり難しいよね。
例えば…痴呆の母、ヨボヨボの父の面倒、家族でみれます?
介護疲れ、介護による離職…。今でも社会問題になってるじゃん。

自民党が考える憲法改正草案。
そんな危険性も多分に含んでるってことを理解しなが読み解かないと。
「書いてないじゃん」は「書かない。書けない」ってこと。
憲法は国がいいように(誇大?)解釈されるってことは、現第9条を見ても分かるよね。

この辺さぁ野党がどれだけ理解してるのかわからないけど…
理解せずに賛成・反対って言ってるんなら、この国に将来はないよね。

なんて思う今日このごろ。
でわ!

コメントを残す