急に働き方を変えろって言われてもねぇ(汗)

今日も今日とて、毎日毎日…

今日は先週土曜日の振り替え休暇でしてんw
まぁ、関係ないけど(笑)

最近話題の「働き方改革」?まずは専業主婦の味方「配偶者控除」の廃止問題。
所得が103万円未満の場合に認められる、所得税の控除っすね。
配偶者の所得が年間103万円未満の場合夫の扶養に入れて、所得税とか住民税が控除されるってやつ。
※簡単すぎる言い方で、もーしわけないw
企業が出している「扶養手当」とかも、扶養から外れると出なくなるよね。

専業主婦とか不要の範囲内で働くパートさんとかのご家庭に有利な制度なんだけど、年間103万円っていう壁が女性の社会進出、もっと働きたいっていう思いを遮断?してるとか…

共働きには全然恩恵のない制度だけど、専業主婦でちょっと生活費の足しにとか小遣い?がほしい時って、税金が控除されるんなら、その範囲内で働きたいって思うよね。

それが、「女性の社会進出の妨げになっている!」んだそうですが、果たしてそうなの?

っていうか、ずっとその働き方でやってきた人たちにさぁ、「さぁもっと働きましょう!」って言っても、そりゃ無理っていうか…国が言う?お門違いじゃないのかな?って思うんですよ。

だってさぁ、皆それぞれいろんな事情を抱えて働いてるんだし、もっと働け!って言われても、その人・家庭の事情、雇う側にも事情ってもんがあるんだからさぁ。

女性の社会進出を阻むものって、税金以外にたくさんあるじゃない。
保育園とか介護とか…そういうのを完全に置いてきぼりにしておいて、税の控除なくすよ~働かないと所得が減るよ~とか言われても…

それは「国の身勝手でしょ?」って言いたい。

でもさぁ、たとえちょっと多めに働いたとしても、次は130万円の壁が立ちはだかってるわけで。
130万の壁を超えると社会保障費の負担が出てくるじゃない。
年間にすると相当な金額になるよね。
年間160万円以上働かないと可処分所得が増えないっていう試算も出てるし。

社会進出に期待するなら、福祉の問題、子育ての問題、社会保障の問題など、様々な問題を解決またはメドをつけてからって思うよね。

税金ありき!
今の国、財務省は、何よりも税金。いかにして多く税を集めるか!
しか考えてなく。※今の首相もそうだよね。

「働き方改革」っていうより「納税額倍増化改革」とでも言い直したほうがいいんじゃない?
なんて思う今日この頃。