公官庁(永田町全域)は建物、敷地内、路上等すべて禁煙区域とすべきでは?

今日も今日とて、毎日毎日…

数日前のニュースで、「厚生労働省内の喫煙」について書かれてましたね。
臭い対策として、遠回りして臭いを落としてから職場に戻れとかさぁ…
読まれた方も多いと思います。

っていうか…健康増進とか受動喫煙対策とか色々強引に推し進めてる「厚労省」にさぁ
なんで「喫煙室」、喫煙できる場所があるのよ!
言ってることとやってることが、かなり食い違ってね?

タバコの税金を上げて、ひと箱1000円にしろとかさぁ
煙のないオリンピック(だっけ?)を目指して、路上も建物内もすべて禁煙!
とか言ってる「省庁」がさぁ、なんで自分とこには「喫煙室」があるの?

臭い対策として、遠回りしてから職場へ…

おいおい、(昼休みとか休憩時間を除いて)喫煙中とか遠回りしてる時間、だれがあんたの給料負担してると思ってるの?
国民の血税でしょ?国民が負担してるんでしょ?

なら、喫煙してる時間、遠回りしてる時間は「無給」にしてくれない?
それか、公官庁は時間内(残業中も含めて)全面禁煙とすべきでは?

1喫煙者、1国民としてさぁ、私的には「大いに納得できない!」訳ですよ。
永田町全域、建物内も敷地内も路上もすべて「禁煙区域」にすべきだと思うぞ!

っていうか、(極端な話)官庁省庁に勤めてる人間(公務員)は喫煙するな!禁煙しろ!って言いたい。
できないんなら、「健康増進」とかを前面に出して(何かにつけて)喫煙者を悪者扱いにするな!
でわ!