統合型リゾート(IR)でもさぁ、カジノは要らないんじゃね?

今日も今日とて、毎日毎日…

急ピッチで成立させようとしている「統合型リゾートIR」に伴う「カジノ解禁」?
私的結論から言うと…はっきり言って「カジノ」は要らない!
逆に、なぜIRに「カジノ」が必要なの?って問いたいよね。

ホテル、商業施設、会議場、映画館、温泉…全部入りのリゾート施設。
海外からの旅行客も含めた旅行客、いわゆる集客の目玉?となる施設の建設?は別にいいと思うんですよ。
ディズニーリゾートに会議場とかもあっていいと思うし。

でもね、なんでカジノ(賭博場)も必要なの?
カジノの無い「日本版IR」でいいんじゃないかと思うのですよ。

タバコの無い東京オリンピックとか言ってるじゃん←某厚労省
タバコ、受動喫煙に問題があるから、公共の場とか建物内は禁煙にしましょう。ってやーつ。
同じように
カジノ(賭博)は「ギャンブル依存」につながるから、日本国内ではやめましょう。
でいいじゃん。

今だって、ギャンブル依存症の人が約500万人?
そっちの対策はほったらかしで、よりギャンブル性の強い(っていうがギャンブルそのものの)カジノって…
与党、政治家、国会議員の皆さんは、いったい何をお考え?

競馬、競輪、競艇、パチンコ、スロット…今でもギャンブル(またはギャンブル性の強いもの)がたくさんあるじゃない。
パチンコ、スロットは遊戯であって、ギャンブルじゃない!
法律上はそうかもしれないけど、依存っていう観点から言うと立派なギャンブルだよね。

旅行客が増えるとか、地域の活性化とか言ってるけど、結局は「利権」がほしいだけ。
政治資金、寄付とか、私腹を肥やしたいだけ。
さらに言えば、依存症対策の施設とか行政法人とか作って、天下り対策したいだけ。
つまりは…国会議員とか、政治家の食い物な訳で…

そんなものは、なおさら要らんよね!
まぁ今回のは「そのための法律を整備する」ための道筋みたいなものらしいけど。
それでも、早急に成立させたいのは、やっぱり「アベノミクス」なんすよね。
でわ!