その他」カテゴリーアーカイブ

デジタル庁ってなんだ?

菅内閣鳴り物入りで始める「デジタル庁」、日本社会のデジタル化の司令塔になるべく創設されるようです。

新型コロナにより浮き彫りにされた国、自治体の連携のまずさ、デジタル化の遅れに対応。
行政の縦割りを打破し、大胆に規制改革を断行する。

感染者数の集計にファックスを使ってたのには、みなさん驚きましたよね。集計にはファックスを使っていたから、誰も疑ったり心配したりせずにファックスを使い続ける。効率を良くするために、頭を切り替える。ことは、今の政や地方自治体には「無い」考え方です。

特別給付金の申請を「マイナンバー」のシステムに乗せたら、問題噴出!せっかくオンライン(デジタル)で申請しても、照合は人海戦術。何百億円もかけて構築したシステムも、全く役に立たず。ムダと非効率の塊でございます。

確かIT担当大臣とか居たよね。パソコンの使えないおじさんがIT担当だなんて、ホント「適材適所」だよwww

ムダと非効率=公務員の仕事。だってさぁ効率化したら、自分たちの仕事が無くなるわけで。自分で自分の首を絞めるようなことは、それこそ「死んでも?」やらないよね。

省庁で凝り固まった縦割りだから、似たような政策を予算をぶんどって、それぞれの省庁で実施する。横のつながり?何言ってるの!島荒らしなんてできないでしょ?それぞれが独立した「井」で、働く公務員・役人は「蛙(かわず)」。「井の中の蛙 大海(国民)を知らず」ですからwww

大胆な規制改革…何十年も前から、同じことを言ってるよね。で、規制改革って進んでるの?官僚や各省庁は、(自分たちの仕事を守るために)改革断固反対の立場。いくら菅さんが言っても、それは全国の公務員・官僚・役人?たちが素直に動くはずないよね。

鳴り物入りの「デジタル庁」だけど、はたしてどの程度のことが実行できて「結果」が出るのか。生暖かく見守っていきましょうwww

でわ!

自民党総裁、菅氏に決まりましたね。

まぁ総裁選をするまでもなく、分かっていたことですよね。
得票数は、菅>岸田>石破 の順で、菅氏535標中377票獲得!圧倒的な勝利?でした。

っていうかさぁ、党員投票もせず各都道府県3票(合計141票)+国会議員票(合計394票)で選挙してるんだから、地方の声は中央には殆ど届かず、派閥が総裁を決めたようなもの。派閥が担ぎ上げたんだから、これからの組閣人事には期待できないですよね。

大臣待機組多数。適材適所より派閥の力。まぁそんなところでしょう。

総裁選前日に「総裁に担ぐんだから、解散総選挙は今秋ね」っていう声もあったとかなかったとか。

そろそろさぁ、80超えの爺さんとかは引退してほしよね。老害っていう言葉は、あの人達のためにあるような言葉。自覚してほしいなぁ…あ、無理かwww

これで安倍氏も晴れて「ふつーの国会議員」に戻れるし、お腹も治るんじゃね?w

次は臨時国会による総理指名→組閣…
コロナ禍での与党・野党の「国会劇場」、どうなるのか見ものでございます。

ワタシ的には何の期待もしてません。だってさぁ、あの人達は「井の中」の人たち。国民より「井の中」優先ですから。
やってる感だけは、一生懸命演出してるけどねwww

でわ!

携帯料金が下がっても、キャリア間の競争は進まない!

総務省・菅氏など、事あるごとに「携帯料金の引き下げ」を叫んでいます。公共の電波を独占しつつ利益20%以上は「けしからん!」。「半分は利用者に還元しろ!」ということらしく。料金を下げることにより乗り換えなどを即し、市場の活発化を…

まぁ言ってみれば、「机上の空論」を展開しているわけです。

以前に比べて、料金はずいぶん安くなったよね。2年や3年縛りの違約金も8~9,000円だったものが1,000円になったり。格安SIMを謳うMVNOへの乗り換えも進んでいるように見えます。でも、いくら料金が下がっても、多くの人は、今契約しているキャリアを使い続けてるんですね。

  • 乗り換え手続きの手間
  • メアドが変わったら、色々面倒だし困る
  • 今まで使っていたスマホ・携帯が使えなくなるから、買い替えが必要?
  • などなど

簡単に「乗り換え」って言うけど、実際に乗り換えようとすると、手間ばっかりかかってしまいますよね。そういうところは(総務省は)見てないんですよね。なので「料金が下がる→乗り換えが即され市場が活発化する」なんて考えるんですよ。

まさに「机上の空論」。

第4のキャリアとして「楽天UN-LIMIT」がスタートしています。1年間料金無料!に押されて、私も2台目のスマホとして契約しています。※特に不満とか問題はないです。
格安SIMなどのMVNO(キャリアの帯域を間借りして、安く提供している通信事業者)と違って、ドコモやau、ソフトバンクと同じ「キャリア」として参入してきた「楽天」ですが、MVNOでもあった「楽天モバイル」との棲み分け?将来的にはキャリアの「楽天モバイル」になるんでしょうけど、今のところは苦戦しているご様子。国も支援したら良いとおもんですけど、「携帯料金を下げる」ことに執念を燃やしているから、期待できないですね。

総務省も菅氏も、目線がずれていると言うか、論点がずれていると言うか…やっぱり国民目線・利用者目線になってないんでしょうね。何かことが起こると「携帯料金」を持ち出して、国民の目をそらせる。この手法は今では通用しません。本気で考えるなら市場調査・利用実態などをきっちり調査し、何が国民・利用者にとって一番いいことなのかを見極めてから進めてほしいです。

もちろん安くなるに越したことはないけど、今の仕組み?サクサク乗り換える人より、長く使う(契約している)ほど「損」っていうのをなんとかしてほしいですねぇ。長く使えば使うほど得をするような仕組みも必要じゃないかなって思うんです。

だってさぁ、いくら乗り換えやすくなったとはいえ、今の契約でずっと使う利用者が大半なんだから、そういうお客さん(利用者)をもっと大切にしてほしいですよね。

国が国目線でやる政策は、必ず失敗する。(または成功しない)

でわ!