こども庁?そんなの本気でやるわけ無いじゃんwww

総裁選真っ只中でございます。まぁ誰がなっても、大勢に影響はないと思いますが…

討論会とか見てるとさぁ、しきりに「こども庁」の話が出てくるよね。ガースーが鳴り物入りで進めようとした政策を、新総裁(新総理?)が進めるのかな?

でもさぁ…「政治家が本気でやるわけ無いじゃん」私はそう思うのよ。なぜかって?それは一言で言うと「未成年に選挙権は無い」からです。

選挙が近づくとやたらと「公約」が出てくるけど、あれって選挙前に以前の「公約」をちゃんと検証してる?みんな「言うだけ」で、どれがどう実現したのか・実現しなかったのかって検証してないよね。マスコミもニュースで取り上げないよね。

ちょっと話がそれるけど…

東京都知事、満員電車0とか〇〇ゼロとか言ってたけど、どれか実現できた公約はある?選挙の前に「言うだけ」で、どうなったのか誰も検証しないし、実現できなかったとしても「責任」は取らないよね。

なので「こども庁」といっても、どこまでやるのか「大いに疑問」です。結局の所「官僚ポスト」や「大臣ポスト」を増やしたいがために言ってるだけのような気がします。

そういえば…「デジタル庁」とか言うのもあったよね。政治の世界が一番デジタル化されてないのに、なにが「デジタル」なんでしょう。たとえデジタル化されたとしても「すべてが縦割り」だろうから、各省庁で「たらい回し」されたうえで「うやむや」にされるだけだよね。

「玉虫色」って何色?

政治家って「玉虫色の決着」とか好きだけど、タマムシってどんな色だっけ?つまるところ「うやむや」にしたいだけなんだよね。

「桜を見る会とか、関心あるの?」

この大臣、そろそろお引取り願いたいものです。っていうかさぁ、なんでこの人はずっと大臣でいられるの?すごい不思議だよね。

あ…話がそれてしまいましたwww

いわゆる「こども庁」ですが、おそらく「うつわ」は作るでしょう。ポストも作るでしょう。でもそれだけです。五輪担当大臣がいい例ですよね。大臣って言っても、あの人は何をやったんです?「見てるだけ」…いわゆる「外野」でしたよね。

いずれにしてもスガ総理・スガ政権は今月で終わりになり、来月には新しい「選挙の顔」が誕生するでしょう。国会議員の先生方も「選挙に勝てる顔」になびくでしょう。

ただ、それだけです。

陽性者・感染者の数も(なぜか)日を追って減ってます。減ってるけど、お亡くなりになる方って多いと感じるよね。で、なぜ感染確認者の数が減ってきたのか…だれもきちっと説明できないでいますよね。

「減ればOK!」的な感じなのかな?

結果オーライを自分たちの手柄にしてほしくないよね。ドヤ顔で「宣言解除」を言い出す大臣もいるし、ほんとこの国の政治家は「よくわからん」です。

そんな人達が「国の宝」とか言い始めても、「あーーーそうですか」くらいにしか感じません。新しいポストを作って女性を起用し、「女性活用」とか言いそうな感じ。基本は何も変わりません。ポストを増やして起用して、今までのポストは既得権が如く「守り抜く」。これが今の政治家の姿でございます。

ほんと、この国はどこに行ってしまうんでしょうねぇ…

(Visited 2 times, 1 visits today)