政治・経済」カテゴリーアーカイブ

社会保障に使う?前回の約束も反故だから今回も…

幼児教育の無償化、なんであんなに中途半端なんでしょうねぇ~
「第一歩」だから、あんな貧そい制度で妥協したのでしょうか?

確かこの国には「少子化担当大臣」って居たよね。
なぜマスコミは「大臣に直撃インタビュー」しないんでしょうね。

前回5%から8%に上げるとき、「社会保障」に使うって言ってましたよね。
8%になってから5年余、社会保障は良くなりました?
暮らしは良くなりました?

結局「法人税」の補填や、トウモロコシとかF35?イージス・アショア?
法人と米国に使われて、社会保障に回った予算って、どれくらい有ったのでしょうね。

今回消費税を8%から10%に、2%増税しました。
同時に食品に関しては「税を据え置き」いわゆる軽減税率が導入されました。

10月から実施されましたが、特に小売が大混乱。
2%の線引がめちゃくちゃ(机上の空論)だし、現場のことを一切考えずに施行したもんだから…

はい!
現場も国民も大混乱。
2%の為に「手間」がどんだけかかることか。

まぁそのへんはお構いなしなのが「国」ですから…

でね?
前回の増税(+社会保障費の増大)で、消費がガッツリ落ち込んで未だに復活してません。
政府も対策を講じているようですが…

続きを読む

10月からスタート!幼児教育・保育の無償化?

結論から言いましょう。
政府が声高らかに謳う「幼児教育・保育の無償化」。
10月からスタートしますが、対象はごく一部です。
なので、「幼児教育・保育の一部無償化」が正しい表現です。

「無償化」って聞くと、「あら、うちの子も無償になるのね。ラッキー!」
ですが、あなたのお子さんは「対象外」ということもありうるのです。
それどころか、今まで利用していなかったご家庭(無償化対象となるご家庭)のお子様方が続々入入園。
あなたのお子様は…「待機児童」化する恐れすらあるのです。

マスコミ各社もこの事は分かっているのに、なぜ「一部」と言わないのでしょう。
それは、政府の目玉政策!、消費税増税の理由にしたいが為であります。

あなたのご家庭は「住民税」払ってます?
あ、払ってる…では0才児ー2才児は「対象外です。無償ではありません」。

3才から5才児ですか?
であれば、幼稚園・認定こども園・認可保育所は無料で利用できます。
ただし、市立の幼稚園は「一部無料」です。
認可外保育施設も、「保育が必要」と認められない限りは「有償!」無償にはなりません。

ね?
「幼児教育・保育の無償化」は無償化ではなく「一部無償化」です。

おそらく政府の国会答弁などで「10月から幼児教育・保育の無償化が始まりますが…」なんて、まるで鬼の首を取ったように、鼻高々で答弁されると思います。
でも、「嘘」だということは、もう皆さんお気づきですね。

ちなみに…教育費・保育費は無償になりますが、給食費とかPTA?その他諸々の費用は無性にならないものもあります。
なので、無償化対象のご家庭でも、「オール無償」ではなく、言ってみれば「一部無償」です。
この点もご注意くださいね。

野党もさぁ、この辺つっこまないんですかねぇ。
「ごく一部」でも無償化になればOK!なんでしょうかねぇ。

新聞とかもさぁ、なぜ「一部」って書かないんですかねぇ。
堂々と「10月から一部無償化スタート」って大見出しで出せばいいと思…
そっかぁ~軽減税率適用だもんねぇ、書きたくても書けないかwww

残念ながらこの国は「情報を正確に(すべて)伝える」ことをせず、耳障りのいい言葉・一部を誇張して表現することが「正」となっているようです。
なので「聞く側」の責任が大きいのです。
真に受ける前に、よく調べる。これが重要です。

そうそう、どの情報を見ても「全体の〇〇%が対象」っていう表現がないんですよね。
なので、おそらく…やっぱり「ごく一部のお子様」しか対象にならないんでしょう

無償化、実はうちの子は対象外。
一喜一憂せずしっかり情報を収集して、流されずに自らご判断を!
でわ!

レディースファッション ベスト5

2%の行方と、当てにならない野党…

皆さんご存知のように、今年(2019年)10月1日から、消費税が2%増税されて「10%」になります。
※食品など一部の商品は、据え置きで8%の予定です。

増税に伴う景気の落ち込み・消費の落ち込みを食い止めるため?
政府も色々と策を打ち出していますよね。

キャッシュレス決済ならポイントを還元しましょう。
目玉とも言える政策ですが…
還元される「ポイント」って、もともと我々納税者の「血税」なんですが…

消費税を上げておいて、その対策に「国民が納めた税金をばらまく」。
おかしいですよね。

「消費を落ち込ませたくない、景気悪化を食い止めたい」なら、増税しなければいい。
そう思う人は、(ワタシを含めて)多いと思います。

でね?
世の中ポイント還元一色で、増税分の2%を何に使うのか、なぜ2%増税が必要なのか…
誰も言わないよね。

  • 社会保障費が全然足りないから上げる

耳にタコができるぐらい聞きましたが、ではお聞きしましょう。
前回、消費税を5%から8%に上げるとき、「全額社会保障費にあてる」って言われましたよね。

社会保障良くなりました?
生活が豊かになりました?

実際は、必要でもないトウモロコシや、F35戦闘機を言われるがままに買ってますよね。
「社会保障費に当てる」なんて嘘っぱち。
もしかしたら3%のうち1%くらいは使われたかもしれませんが、周りを見渡しても「良くなった」実感はなく。
逆に、「悪くなった」と感じることのほうが多いですよね。

ポイント還元政策で、消費税2%の使いみちから目を背けさせる。
ある意味成功していると思います。
新聞も「自分たちは軽減税率対象」だから、何も言いません。

っていうか、新聞って必要?生活必需品?
ライフライン「電気・ガス・水道」のほうが、新聞なんかよりよっぽど生活必需品ですよね。
でも、「電気・ガス・水道」は、全て2%増税で、10月1日より消費税率10%になります。

野党…突っ込みませんねぇ。
おかしな「軽減税率」も、「新聞」も、「2%増税分の使い方」も…
なにも突っ込まない。
野党は、この辺おかしいとは思わないんですかねぇ。
自分達には関係ない事項でしょうかねぇ。

ほんと、「役に立たないです」。

くっついたり離れたり、自分たちのことばかり考えている野党は…国会議員を辞めてください。
税金で賄われている「歳費」がもったいないです。
それこそ、社会保障に回したいお金です。


いづれにしても、来月10月から消費税が2%上がって「10%」になります。
今回は「駆け込み」は少ないようですが、「駆け込み」の反動ではない「消費低迷」、「景気後退」の時代が来るでしょう。

我々消費者は、政府の「税金の使い方」を厳しく見ていく必要があります。
そして、「どう使われて、結果どうなった」を厳しく精査する必要があると思います。
マスコミ各社にも、鋭いツッコミをお願いします。
でわ!