ワクチンの感染抑止は100%ではありません。感染はするんだよ!

高齢者への摂取も(やっと)始まったようです。でもさぁ…医療関係者への摂取が終わらぬうちの「見切り発車」とも言えるわけで。まさに「やってる感」満載でございます。

でね?
ファイザーやモデルナのワクチン、感染そのものを抑えるのではなく「発症」を抑えるもの。新型コロナに感染しても「発症」しないから「安心」とは言えないと思うんですけどねぇ。

「安心安全のオリンピック」

選手やトレーナーなどの関係者は、ワクチン接種やPCR検査、バブル方式で感染拡大を抑える!だから「安心安全」に開催できる!っていうけどさぁ…

ワクチンで「安心」なのは、摂取した本人のみ(それでも100%ではありません)であって、感染すれば(重症化はしづらくなるけど)ウィルスは撒き散らすよね。

まさに「ワクチンを接しした人だけ」安心であって、摂取していない多くの人(例えばボランティアなど)にとっては「驚異」だよね。

ガースーさん、分かってるのかなぁ…

開催まで2ヶ月を切っております。未だに「検討中」とか「検討しなければならない」ばっかりで、なっかなか決まらない。たとえ決まったとしても、「決めたことに意義」があるらしく周知しない。

ほんとにやるの?やらないの?

政府やIOC/JOCは「やる」って言ってるけど、今のタイミングでも観客を入れる入れないで揉めてたり…菅さんもはっきりと(どんな状況であろうとも)「やります」って言えばいい。もちろん「具体的な」対策や、対策の「実効性」をきっちり説明すればいい。

決まってないのかな?

結局事が起こってから「検討を始める」後手後手の「み切り発射」、バブル弾けて感染爆発。想像に難しくないよね。

本気度が伝わってこないんだよね。

やるやるって言うだけで、やるためには「何をいつまでにどうする」が全然見えない。バブル方式にしても、今の「水際対策」だって「ザル」で変異株の侵入を許してるのに、オリンピックのときは「完璧」にできるなんて…誰も思わないよね。

とわいえ…私的には「はっきり言って関係ない」です。オリンピックが開催されるされないに関わらず、今の生活が豊かになったりしないしね。
それより早く感染を抑えてくれないと、実家にも帰れないですよ。もう1年半も自宅軟禁状態では、思ったように動けず…ホント「想定外」です。

オリンピックができるんなら、実家に帰省してもいいよね。実家を軸足に活動してもいいよね。

実家で高齢の一人暮らし。ホントなんとかしたいんです。

(Visited 10 times, 1 visits today)