NHKの、TVとネットの同時配信、ほんとに必要?

先日、改正放送法が成立して、NHKの「ネットへの同時配信」が認められましたね。
TV離れが進む昨今、ネットへの進出が悲願だったNHK。
これでテレビ(NHKを受信できる設備)は持っていなく、インターネット(だけ)を利用している人(世帯)からも受信料が徴収できる!
NHKはテレビが廃れても、ネットがある限り安泰だぁ~なんて思ってるかも。

でもね?
NHK(テレビ)を見ない人たちが、ネットを通じてNHKを見る(視聴)するだろうか?
ネットの(限りある)帯域を、無駄に消費するだけのような気もしますね。

NHKってさぁ、一応国からは独立してるけど、予算や人事は国が握ってる。
つまり、国営じゃないけど、ほぼ国営放送局だよね。
金と人を握られているから、国に逆らえない。批判的な報道はできない。

まさに、国に限りなく近い「放送局」。
「大本営発表」とまではいかなくても、それに近い物があるんじゃないかなぁ。
※以前から言われているように、「首相や内閣の意向には逆らわない」放送もありますしね。

NHKって、「皆様の受信料に支えられています」。
税金は投入されてないようだから、言ってることは正しいのかも。

テレビ(NHKの放送電波を受信できる設備)を持つ世帯の、約80%が受信契約&受信料を支払っているとか。
で、その受信料収入は、年間約7,000億円。
その10%が、受信料徴収業務にかかってるらしく。
NHKのグループ企業などが、あの手この手で受信料の支払いを求めてますよね。
※半ば強引に契約を取ってることも、よく聞きますね。

NHK(や、そのグループ)の職員ってさぁ、かなりの高給取りらしく。
マスコミでも取り上げられたことも、何度もありますね。
受信料徴収業務だけじゃなく、巨額な受信料は「NHKとそのグループ」内だけで還流しているとか。

一度時契約したら黙ってても受信料が入ってくるから、競争原理が働かないし。

競争がないから、内容もマンネリだったり、おざなりだったり。
ときには「やらせ」も←最近もありましたよね。

肥大化した組織、一度整理してみてはいかがでしょう。
受信料を払っている視聴者は、いわば「お客様」。
お客が望まないことでも、さらなる受信料の徴収の為に「やる」。
体質はなんとかしてほしよね。

ネットの同時配信なんてやらずに、その分を内部統制とかコンプライアンスに。
受信料を下げる手立てもあるはず。
やることはいっぱいあるよね。

「みんなのNHK」から、「NHKとそのグループのためのNHK」へ。
最近はそうだよね。
そろそろ原点に戻って、「みんなのNHK」って言われるように努力してほしい。
って思うのは、私だけかな?
でわ!

(Visited 1 times, 1 visits today)