10月からスタート!幼児教育・保育の無償化?

結論から言いましょう。
政府が声高らかに謳う「幼児教育・保育の無償化」。
10月からスタートしますが、対象はごく一部です。
なので、「幼児教育・保育の一部無償化」が正しい表現です。

「無償化」って聞くと、「あら、うちの子も無償になるのね。ラッキー!」
ですが、あなたのお子さんは「対象外」ということもありうるのです。
それどころか、今まで利用していなかったご家庭(無償化対象となるご家庭)のお子様方が続々入入園。
あなたのお子様は…「待機児童」化する恐れすらあるのです。

マスコミ各社もこの事は分かっているのに、なぜ「一部」と言わないのでしょう。
それは、政府の目玉政策!、消費税増税の理由にしたいが為であります。

あなたのご家庭は「住民税」払ってます?
あ、払ってる…では0才児ー2才児は「対象外です。無償ではありません」。

3才から5才児ですか?
であれば、幼稚園・認定こども園・認可保育所は無料で利用できます。
ただし、市立の幼稚園は「一部無料」です。
認可外保育施設も、「保育が必要」と認められない限りは「有償!」無償にはなりません。

ね?
「幼児教育・保育の無償化」は無償化ではなく「一部無償化」です。

おそらく政府の国会答弁などで「10月から幼児教育・保育の無償化が始まりますが…」なんて、まるで鬼の首を取ったように、鼻高々で答弁されると思います。
でも、「嘘」だということは、もう皆さんお気づきですね。

ちなみに…教育費・保育費は無償になりますが、給食費とかPTA?その他諸々の費用は無性にならないものもあります。
なので、無償化対象のご家庭でも、「オール無償」ではなく、言ってみれば「一部無償」です。
この点もご注意くださいね。

野党もさぁ、この辺つっこまないんですかねぇ。
「ごく一部」でも無償化になればOK!なんでしょうかねぇ。

新聞とかもさぁ、なぜ「一部」って書かないんですかねぇ。
堂々と「10月から一部無償化スタート」って大見出しで出せばいいと思…
そっかぁ~軽減税率適用だもんねぇ、書きたくても書けないかwww

残念ながらこの国は「情報を正確に(すべて)伝える」ことをせず、耳障りのいい言葉・一部を誇張して表現することが「正」となっているようです。
なので「聞く側」の責任が大きいのです。
真に受ける前に、よく調べる。これが重要です。

そうそう、どの情報を見ても「全体の〇〇%が対象」っていう表現がないんですよね。
なので、おそらく…やっぱり「ごく一部のお子様」しか対象にならないんでしょう

無償化、実はうちの子は対象外。
一喜一憂せずしっかり情報を収集して、流されずに自らご判断を!
でわ!

レディースファッション ベスト5

(Visited 1 times, 1 visits today)