府民を信用している府知事と、都民を全く信用していない都知事

速報値ですが、初の300人超え@東京都。
※追記あり。本日は366人と発表されました。

昨日からGo To トラベルキャンペンも始まり、4連休に突入しています。
高速道路も渋滞しているし、新幹線や飛行機も客足が増えています。

国や府知事は自粛を要請せず、感染予防に十分気をつけてとの呼びかけ。
対して都は、4連休は動くな!不要不急の移動は(一律で)自粛を要請しています。

ちなみに都の要請は先週も出されていて、先週は特措法に基づく要請。
昨日の要請は法に基づかない要請。
ぶれまくっているのはいつものことですが、相変わらず冷たい目で都民を牽制しています。

お店に行くなら「感染予防対策を十分講じている」ステッカーの貼ってあるお店に行きましょう@大阪府。
同様のステッカーがあるにも関わらず、一律の移動自粛を要請している東京都。

Go Toトラベルキャンペーンから除外(ある人の言い方では「排除」)された腹いせ?
何でもひとくくりにして言いたがる都知事の「キレた」発言なんですかねぇ。

国や府とはあい反する対策を都民に押し付けていますが、いったいどういうお考えなのでしょう。

おそらく…(私の勝手な妄想ですよ)…
「これ以上の感染者を出したら、東京都…ひいては都知事である私(小池さんね)のメンツや影響力(いわゆる権力)に影響が出てくる」。最近では「夜の街」や「若い人」、「検査数が増えてるから」ではごまかせなくなっている。人が動けばウィルスも動く(感染者も増える)。都民の動きを止める!自粛を強く要請する。

府民を信用している府知事と、都民を全く信用していない都知事。
この差なんでしょうねぇ。

こんな感じと想像できますね。

なんと言っても「自分ファースト」の御人ですから、自分が傷つかないように「都民のせいにする」。もちろん「責任」は感じて無く「責任を取る」考えも待った無ない。

都庁とレインボーブリッジを紅に染めたデモンストレーション、その数週間後に200人を超えて、今日は300を超えるとか。
つまり、東京アラートの実施・都の対応策は「完全に失敗」しているのに、そのことについては何も触れず「都民のせい」。
責任を押し付けております。

そうそうGo toトラベルキャンペーンですが、たしか第一次補正予算に入ってましたよね。あれから数ヶ月、一体何を検討してきたんでしょうかねぇ。
もしかして「前倒し」になったもんだから、あわてて絵を書いた@国交省。
土壇場になって東京発着を外したもんだから、キャンセル料まで税金で負担。そのキャンセル料も全額は払いたくないから「実損」なんて言い出す始末。
この国は、ほんと終わってますね。

ご旅行に行かれる方、十分に感染症対策に気をつけて!
楽しんでくださいね。

私?
いつもの引きこもり。
連休とか関係ないんでwww
でわ!

追記:
東京都の感染者確認数、366人のようですね。
ここまでの一連の数字を見てると、1週間単位で約100人ずつ増やしてる?
意図的な気がするんだけど、気のせいかな?
あと、Gotoで外された東京都、都民への自粛を後押しするような大きな数字。
やっぱり、裏になにかあるよね。

(Visited 2 times, 1 visits today)