アベノマスク8,000万枚配布に「待った!」がかかりましたね。

367人@東京都の感染確認者。約6.5%の陽性率だそうですね。
約2週間前の感染の状況が出ているわけで、2週間前の無策が招いた結果とも言えますね。

飲食店に対して午後10時までの時短を要請するようですが、午後10時以降の感染が多いならですか?会食にリスクがあると分かっているのに、感染に時間帯なんて関係ないと思うけどなぁ。時短の協力した中小の店舗に協力金を出すようですが、時短ってあまり意味ない気がします。

6月に全世帯に配り終えた(と言われている)「アベノマスク」。介護施設や保育施設?などには引き続き配布されていたようで、今月末から追加で8,000万枚を配布する予定でした。が、今日の菅氏の会見で「一時中断する」ようなことをおっしゃってました。そりゃそうだろう。不織布マスクが比較的簡単に入手できるんだから、(ほとんどの人が使わない)アベノマスは不要でしょう。マスクよりゴム手袋や消毒液の方が不足気味なんだから、今更使わないマスクを配られても、現場は迷惑でしょう。

とわいえ、追加発注された5,800万枚を含めた8,000万枚は国に(不良)在庫として残ります。
発注自体はむ止められないでしょう。これからどう活用していくか検討するようですが、まずは与野党含めた国会議員に使ってもらいましょうよ。使い切れないマスクがあるんだから、省庁を含めた国の機関に属する公務員にも使ってもらいましょうよ。で、残りは備蓄分かなぁ。

そうだ!役所や郵便局、銀行やJA、全国の駅や公園などで「マスクの必要な方、一人一枚ご自由にお持ちください」でもいんじゃね?

厚生労働省ではろくなアイデアは出ないでしょうから、先生と呼ばれているえらーーーーーい国会議員の方々、知恵を絞ってくださいね。

我々国民の税金でやっている政策ですから、アベノマスク政策の「過去・現在・未来」を説明する責任があります。「丁寧に」説明してくださいね。
でわ!

(Visited 2 times, 1 visits today)