政府は「法のもとに不平等」な政策を中止すべきでは?

「Go Toトラベルキャンペーン」、観光業界の活性化のために見切り発車&強行した政策。旅行に行く(行った)人たちだけ、税金で旅費などを補填する政策。税金は皆平等に払っている(取られている)のに、特定の人達にのみ使われる。

これって「法のもとに平等」ではなく「不平等」ですよね。

経済を回すために(税金を)使っているんだからOK!っていうことですかね?旅行など移動を自粛している人たちは何の恩恵も得られず、ばんばん移動する人たちが得をする。言ってみれば「正直者が損をする」政策。政府は「税の有効な使い方」と考えているのでしょうか?

東京都発着を除外。

感染者も爆発的に増えてるし、都知事も自粛を要請してるでしょ?だから東京都はキャンペーン除外ね。っていうのも、やっぱり「法のもとに不平等」ですよね。

今沖縄がヤバいことになってます。

政府も後押ししてるし、東京都民でなければ沖縄に旅行しても良いわけです。だったら(税金で)安く行ける沖縄に行っちゃうよね。で、人が動けばウィルスも動く。感染症対策をしていても感染するリスクが有るわけで、今沖縄では感染者が爆発的に増えてます。

重症数は増えていなく、医療体制は逼迫していない。

と政府は考えているようですが、現場を見ていない証拠。っていうか、逼迫を認めると「Go To トラベルキャンペーン」に対して批判をあびてしまう。中止には絶対にしたくない。なので「医療体制は逼迫していない」。

20代30代の若い世代が多い。

だから何?若い世代は重症化リスクが少ないから良いんだ!的な感じですか?ニュースで感染者確認数とともに「若い世代の感染者の割合」も報道されるけど、あれも政府の意向なのか?市中感染・世代を超えた感染が広がっているのに、「若い世代」を仮想的に悪者(敵?)にしてごまかしています。

国会も開かず逃げ回る「自粛首相」。

ぼくちゃん批判を浴びたくないんだもん。あ~お腹痛い。ストレスかなぁ…嘔吐(吐血?)cしちゃったし…自粛しよっと(^o^)v
ですかねぇ。記者会見は開きません。国会も開きません。だって審議する法案が無いでしょ?久しぶりにジムに3時間!自粛中だからゴルフも行かずに自粛です~。って、これで良いのか?自分たちの都合だけでくっついたり離れたり分かれたりしている野党もどうかと思うけど、与党の先生方も現状で良いと思ってるんですかねぇ。高い給料(歳費)払ってるんだからさぁ、もっと仕事してくださいよ!

もう騒がなくても、煽らなくても良いんじゃない?

ウィルスは無くならないんだから、収束は永遠にしないわけですよ。インフルエンザが無くならないのと同じです。ただ現状ではワクチンも特効薬も無いから、過度に警戒したりマスコミも煽ったりしているわけで。感染確認者数だけ発表しても、数字なんてどうにでもなりますよね。都知事選のために、数値を操作したっていう噂もありますよね。

感染より経済。ある程度の感染は(経済のためには)仕方がない。

爆発的な感染拡大も想定の範囲内です。ってはっきり言えば良いんですよ。はっきり言ったうえで、「ウィルスより経済で死ぬ人が多い」から経済を回すんだ!でいいじゃん。はっきり言わずに「医療体制」とか「若い世代」とかでごまかす政府。そのうちそんなことも言ってられなくなっちゃいますよ!

共存!上手く付き合っていくしか無い。

結局はこれに尽きると思うんです。なので政府もそう言えばいい。我々も過度に恐れずしっかり感染対策をしながら、普通に生活するのが良いと思う。

コメンテーターは過度に煽るな!

ワイドショーとかに出ている専門家(コメンテーター)、過度に煽らないでください。過大にコメントしないでください。あなた達が煽るから、我々も過度に反応してしてしまいます。恐怖心を煽らないでください。普通の生活を壊さないでください。

とりあえず(不平等な)「Go To トラベルキャンペーン」は中止しましょう。税金を投入しなくても、旅行する人はするんだから。もっと別な方法があるのでは?そういうのを審議する場なんだからさぁ、サボってないで国会を開きましょうよ。いつまでも逃げてないでさ。

(Visited 1 times, 1 visits today)