無償化なのに負担増?国は何やってるんだろう…

幼児教育の無償化、消費税増税でやります!
なり物入れで始まった「幼児教育の無償化」ですが、ご家庭によっては負担が増大する場合もあるようです。

市や自治体などで、もともと無償だったご家庭。
国の無償化が始まったせいで、給食代・おかず代は、別途払ってくださいね。

はぁ?
ウチは全部含めてもともと無償だったのに、国の制度が始まった途端「有償」?

給食代やおかず代は無教育無償化の範囲から外れています。
国の無償化に従って、各自治体も「教育は無償」に。
でも、無償化から外れている事柄については、有償で!

少子高齢化が叫ばれて久しく、安倍ちゃんもさぁ少子化打開に向けての策を打ち出したんじゃなかったのか?
これでは「なんのために消費税を増税したのか」分からない、愚策だよね。

おそらく「現場」の実態を捉えて無く、机上の空論で「幼児教育の無償化」の内容を決めたんでしょうね。
でなければ、もともと無償だったご家庭の負担増になるようなことはしないでしょう。

…あ、するかw
国のやることって、いつも実態にそぐわず、間が抜けてるからなぁ。

  • 「プライマリーバランスの黒字化」
    数字上?名目上?達成させるためだけに「消費税増税」が実施された。
  • 法人税の減税の穴埋めのために、消費増税を実施した。
  • トランプ氏のご機嫌をとる資金として、消費増税した。

おそらく、こんなところでしょう。

相変わらず「少子冷遇・高齢者優遇」、「労働者冷遇・法人(特に大企業)優遇」
アベノミクスの中身ですね。

とまぁここで愚痴を言ってってもなぁ。
受け皿がない現状、このまま少子高齢化がますます進んでいくのでしょう。

少子化担当大臣っていたよね。
何してるんだろうね。
噂も聴こえてこないけど、仕事してるのかな?

なんとか戦略会議?
会議ばっかりやってても具体策や「結果」が出てこないと、時間も能力も「無駄」です。
有識者も政府よりの人間ばかりなので、「提言」も政府より。
もちろん「提言」ですから、「参考程度」なわけですよ。

「幼児教育の無償化」を謳うんなら、線引きなし・例外なしで「全部コミコミで無償」!
これくらいしてほしいと思います。

なんて書くと、金持ちも無償なのか?
とかいう愚問が出ルトは思います。
いいじゃん「国の宝なんだから、例外なく全ての幼児を対象」で。

1本でも線引いちゃうと、何本も引きたくなるのが「国」なんだから。
「線引き離し」で!

私はそう思います。
でわ!

便利さを自己中に使ってる人、無責任な人多すぎ!

ネットで予約、待たずに席を確保!
ネットで予約、待たずに乗れる!

今は何でもネットの時代、飲食店もタクシーも、ネットでサクッと予約できるんですね。

で、キャンセルもネット。
ならまだ良いんだけど、お店などに連絡もせず無断キャンセル。

「ネット=匿名」

匿名であるがゆえに責任も大きいはずなのに、「匿名=責任なし」って捉えている方の なんと多いことか。

電話予約なら「電話番号」聞かれるし、名前も聞かれますよね。
お店から「折返し」電話することもありますので、嘘はつけません。
でもネット予約なら、適当な名前とメールアドレスのみでもOK。
無視することも簡単です。

以前は飲食店の無断キャンセル、「連絡無しで、時間になっても来店しない」っていうのが社会的問題になっていました。
※今も少なからずあるそうですが。

最近は「タクシー」が相当な被害を受けているらしく。

  • 予約したんだけど、流しのタクシーが来たので乗った
  • 複数予約して、一番早く来たタクシーに乗った

いずれも、予約キャンセルなどの連絡はなし。
利用者の都合だけが優先される、いわゆる「自己都合キャンセル」(自己中キャンセル)。

たしかに、そういう使い方はできてしまいます。
利用者としては「予約」が目的ではなく、「乗車」して目的地に行くことが目的なので、「乗車」が優先されるでしょう。
で、「予約」については、「まっいっかw」なんですよね。

※で、深く突っ込むと、「あんたに関係ないじゃん!」って逆ギレされることも。

制度や仕組みの問題もあるのかもしれませんが、使う側、利用者のモラルのほうが大きい気がしますよね。
先の飲食店無断キャンセルもそうですが、自分の都合で予約して自分の都合で無断キャンセルする。
お店やタクシーに迷惑をかけてる(迷惑をかける)「自覚」がないんでしょう。

世の中が便利になればなるほど、利用する側のモラルも問われます。
便利を感受したいのなら利用する側も自覚しないと、自分で自分の首を絞めることになりかねません。

使う側の「最悪な行動」を予測しながらシステム構築する?
なんだか、いやな世の中になってますね。

自分の行動に責任を持つ!
責任のある世の中にしていきたいですね。
※あ、そうすると…今の国会議員、そうとっかえ?www
でわ!

ブログを仕事と捉えるか、趣味と捉えるか…どう思います?

収益を上げることが主な目的なら、「仕事」ですよね。
自分の好きなことやペットのこと、買い物レビューなど日常のことを書いているのであれば「趣味」かな?

「趣味」で書いているブログが「お金を生み出す」。
これって理想だと思うんです。
収益が発生すると、やりがい?やる気?モチベーションも上がりますよね。

ブログって世の中に星の数ほど?存在しています。
なので、記事を書いてネット上に公開しても、殆どの記事は他のブログに埋もれてしまいます。
したがって、残念なことですが、あなたの書いた記事はほぼ読まれません。

芸能人や有名人が書いた「ちょっとした日記」。

これって、読まれるんですよ。
かなりの数のアクセスがあります。

なぜか?

名前が知られており、固定的なファンも多い。
ファンの人達って、どんな些細なことで「知りたい」ですよね。
なので、「数行の日記記事」でも、多くの方が読みに来てくれます。

例えば…50を過ぎた無名のおっさんの日記。
読みたいと思います?

思わないですよね(汗)

「趣味」なら良いと思います。
自分の書きたいことを、自分なりの表現で書く。
いい趣味だと思います。

コツコツと続けていけば、皆さんの目に触れ読みに来てくれるようになるかもしれません。

「仕事」にしても「趣味」にしても、ようは「継続」していくこと。
こつこつと続けることが大切ですよね。

たくさん記事を書いても、全然アクセスされない。
ほんと「心が折れそう」になります。
でも、「継続」していけば、将来好転するかもしれな。

続けないと、将来なんて分かりません。

もしあなたがブログを「仕事」として書こうとしているなら、継続して更新してください。
もしあなたがブログを「趣味」として書こうとしているなら、継続して更新してください。

結論:続けることが「強み」になり、必ず良い方向に進みます!

追伸…
この記事は、私宛に書きました。

でわ!