レジ袋の次は「スプーン」。プラスチック新法まとまる。

小泉環境大臣の次のターゲットは、コンビニなどで付けてくれる「プラスチック製のスプーン」だそうで…

レジ袋有料化の効果って、どうだったのかな?レジ袋ってさぁ、家庭内でゴミ袋とかにリサイクルされるじゃない。我が家では有料化以降、ホームセンターでレジ袋100枚入りとかを買ってます。

次のターゲットは「プラスチック製のスプーン」。もちろん「プラスチック製のフォーク」も対象だよね。

  • コンビニでカレー弁当買っても、スプーンは付きません。買ってください。
  • コンビニでスパゲッティやパスタのお弁当買っても、フォークは付きません。買ってください。

レジ袋の便乗で紙袋が有料になったよね。同じように「割り箸」も有料化されるんじゃ?

もちろんプラスチック製のスプーンやフォーク、割り箸もコストが掛かってるから無料って言うことはないんだけど、販促として必要だと思うんだけどね。

レジ袋にしても、プラスチック全体で言えば数%でしょ?それより少ないプラスチック製のスプーンやフォーク、環境省はどのくらいの削減効果を見込んでるのでしょう。

プラスチック製のスプーンやフォークを有料化することによる効果、きっちり数値で示してほしいと思います。

っていうかさぁ、コロナ禍だっていうのに、小泉さんの頭の中は「プラスチックの削減」しか無いのか?
1都3県の「不協和音」も取り沙汰されてるっていうのに、環境省的には「新型コロナ?我関せず」なんでしょう。

ちなみに…ワクチン用の注射器、あれってプラスチックだよね。これからものすごく大量に生産されるよね。使用後は他の製品に100%リサイクルするのかな?小泉環境大臣的には、どうなん?完璧な「リサイクルシステムの構築」って環境省だよね。それとも昔のように、徐々に「ガラスの注射器」に戻す?

コンビニとかで「カレー弁当」の売れ行き、落ちるだろうねぇ…

何かを削減しようとするとすぐ「有料化」しようとするけど、効果・結果もきちんと説明してほしいと思います。
でわ!

(Visited 2 times, 1 visits today)