第2波、第3波って言うけど、第1波も収束してないのおかしくね?

週末にも関わらず、東京都では47人の新たな感染者数を発表しました。
「積極的な検査による数字であって、医療体制も以前とは違う」って3密おばさんも強調していましたが…
積極的に感染者(陽性者)を特定し、濃厚接触者による感染拡大を防いで来なかった結果ではないかと思うんです。

37.5度の熱が4日続いたら…いや、そりゃあなたの誤解でしょう…

国(政府)は、PCR検査数を絞りに絞って、やりたくないけどどうしてもっていうときだけ検査してきました。
なので、新たの感染者数も、比較的少ない数字で遷移してきました。

緊急事態宣言、東京アラートを無事に乗り切り、胸を張りたい気持ちもわかりますが…

夜の街関連で感染者が増大し、「積極的に検査した結果」と言われるが…
夜の街関連でこれだけの感染者(陽性者)が確認されるのなら、もっと多くの(隠れ)陽性者が居ると考えて間違いないですよね。
現状の陽性者数も把握していない、つまり第1波が収束していないのに、なぜ「第2波・第3波に備えて」なんて言えるのでしょうか?

お遅きに逸した感はありますが、夜の街だけではなく国レベルで検査を実施し、現状の感染者数(陽性者数)をほぼ正確に把握した上で、これからの体制なり対処をしていく必要があるのではないでしょうか。

アメリカでの陽性者数は、日本に比べてかなりの数に上っています。
でもそれは、積極的に検査したためであって、日本でも積極的に検査していれば、陽性者数はもっと多いはずですよね。

もちろん要請であっても、無症状の方が多く居ます。
ワタシももしかしたら過去に感染していたけど、無症状でやる過ごせた口かもしれません。

第1波を確実に収束させていれば、たとえ第2波・第3波が来ても国内がこれほどまで混乱する可能性は無いのではないでしょうか。
感染が収束しても、新型コロナウィルスが消えてなくなる事はありません。
医療体制やワクチンが整えば、毎年流行る「インフルエンザ」と同レベルの病気ではないかと思います。

もちろん重症化するリスクはあります。
でもインフルエンザだって重症化・命を落とすこともあります。

新型コロナウィルスがインフルエンザと同レベルとは言えないけど、うまく付き合って行けるのではないかと思います。

国(政府)ってさぁ、自粛っていう「国民に期待」しておきながら、緊急事態宣言とか東京アラート?「第2波」など強い言葉で脅してきますよね。
変なキャッチコピーがお得意の3密おばさん、キャッチコピーは立派だけど基本的スタンスは「都民の皆様に期待」しているだけ。
政府も同じ、脅して自らの行動を制限させ、自ら行動しているのだから「自己責任」でしょ?
ろくな対策も打ち出せず、自分たちの利権のためだけに補正予算を組む。
そして事業規模っていう架空の規模だけを強調し胸を張る。

とまぁ、ここで何を言っても聞く耳持たずの国は何もしてくれません。
10万円も未だに届かないし、必要のない・まず使わない「アベノマスク」でお茶を濁す政府や国に期待する方が間違い・ダメだったんでしょうね。

自粛要請に罰則(強制力)を持たせる議論もされているようですが、自粛…お願いに罰則っていうのもおかしな話です。
よほど国民を信用していないんでしょうねぇ…

なめとんのか!

と言いたいです。

ちなみに、本日(6月15日)の感染者数は48人だそうで…東京アラートどうした?
3密おばさんの言い訳に期待しましょうwww
でわ!

(Visited 1 times, 1 visits today)