メルカリは、なぜ高額転売を黙認するのか?

ソニーの家庭用ゲーム機「PS5」、やっぱりというか「高額転売」出ましたね~
定価5万円弱の本体、メルカリでは倍の10万円以上!。それでも売買が成立しているんだから、驚いちゃいますよね。

いま問題になっている「転売」。良く言えば「需要を先読みして商品を仕入れ、高額で売る(転売する)」。悪く言えば「品薄になるであろう商品をあの手この手で大量に仕入れ、高額で販売する」行為。最近ではマスクや消毒液などの「新型コロナ関連」の商品やトイレットペーパーなどの紙製品。店頭からあっと言う間に消え去り、ネットなどで高額で販売されましたね。新型コロナ関連商品の場合は「命に関わる」こともあり、政府が事実上「転売禁止」にしましたが、先日解禁されました。

PS5はどうか?プレイステーション5は娯楽機器ですから、命に関わるようなことはないですよね。なのでみんな「分かっているけど黙認」しています。特にメルカリを代表とする「ネットフリマ」の市場では、かなりの点数が転売されていると聞きます。

だってさぁ、5万で仕入れた商品が10万で売れるって、ものすごく美味しい商売ですよね。「安く仕入れて高く売る」商売の基本ですが、利益率が素晴らしくいい!もちろんそれだけ仕入れに苦労はされていると思いますが、倍の値段で売れるんなら「転売魂」に火も付きますよね。

欲しい人が普通に店頭で買えない。

コレが一番困るわけで、なのでマスクなどの「新型コロナ関連商品」は、遅まきながら政府も重たい腰を上げました。対してPS5などの娯楽機器はどうか。「欲しい人が普通に買えない」のは同じでも、「行きていく上で欠かせない物」ではなく、極端に言えば「無くても困らない」物。なので、転売行為を禁止にする必要はない。ということ。
「全ての物を定価より高く販売してはいけない」、いわゆる「転売禁止」にすると、商活動など、小売や商売に影響が出る。なので、今の所は黙認状態です。

もちろんメルカリも分かっているけど「黙認」しています。批判が出て入るけど「メルカリとしては黙認」。では、なぜメルカリは黙認しているのか。

ホントはさぁ、マスクとかの転売も黙認したかったと思うのは私だけ?

メルカリの収入源は「出品された商品の売買額の10%の手数料」です。1000円で売れたら、100円手数料収入が得られます。つまり「高額で売れるほど、メルカリが潤う」んです。
1000円の中に送料が入っていたとしても、送料にも手数料が掛かる仕組み。総額の10%がメルカリの収入です。

PS5、5万円で売れたら手数料は5千円。でも10万で売れたら、手数料は倍の1万円。メルカリだって利益追求型の企業ですから、手数料収入は多いほどいい。たとえ「批判されている転売」だとしても、「批判は転売屋、儲けはメルカリ」。なので「注意喚起」はするけど「高額転売は黙認」なんですね。

100台900万円っていうのもあったらしいけど、何もしなくても売れたら90万円が自動的にメルカリに入る。こんな美味しい商売はないよね。

メルカリだけじゃなく、PayPayフリマやラクマ。アマゾンとか楽天とかもそうかな?「安く仕入れて高く売る」。そして「高く売れるほど、手数料収入が稼げる」仕組み。いい悪いの問題は置いといて、そういうシステムを分かってて利用しているわけです。なので転売だろうが不用品販売だろうが、メルカリには関係なし。売れた10%が「濡れ手に粟」。

おそらく今後も「転売は黙認」されるでしょう。

さらに言えば、「メルカリは業者を嫌う」。あくまでも「個人間の売買のプラットフォーム」の立場です。でもさぁ、取引回数何千回とか一般家庭ではありえないわけで。明らかに業者なのですが、メルカリはもちろん「黙認」です。個人間の売買だけでは儲からないので、分かっていても業者を黙認しています。それもこれも「手数料収入」のためです。

たまに「業者を排除」みたいな動きを見せるようですが、けして「完全排除」はしない(できない)でしょう。
その点ヤフオクは業者公認、ストア出品者も数多くいらっしゃいます。手数料も(ヤフーのプレミアム会員なら)メルカリの手数料より安い8.8%なんですね。もちろんアクティブなユーザー数はメルカリの方が多いようですけど、ヤフオクには歴史がありますからねぇ。最初はとっつきにくいかもしれないけど、ある意味「メルカリより良いプラットフォーム」と言えるかもしれません。

自宅に要る時間が多くなった。断捨離がブーム…さまざまな要因でメルカリにチャレンジする人が多くなっています。特に出品者が多くなっているので、逆に売れなくなってきているのも事実だと思います。そんな時に「手数料が多く取れる高額転売」は排除できないですよね。

メルカリって「良いプラットフォーム」だと思うんです。でもメルカリも利益を追求する企業です。個人だろうが業者だろうが高額転売だろうが、売れれば10%手数料が自動的に入るんだから、出品者に「売って欲しい」わけです。なので宅配業者と提携して「送料を若干安く」したり、コンビニに専用ボックスを置いて発送できるようにしたり、ポストから手軽に発送できる仕組みを構築したり。

「発送」にかかる手間を低減することにより「出品しやすくする」「売れたあとのことをサポートする」んですね。出費や発送がしやすければ、出品者も出品物も増える(はず)。出品が多ければ売れる確率も高くなる(はず)。手数料も多く入る(はず)。

「高額転売」に対する最高の対処法は、「買わない」・「いいね付けない」・「無視する」です。
商品を仕入れても売れなかったら出品者(転売屋)も困るし、メルカリも困ります。なので「転売屋」をなんとかしたいなら、メルカリを困らせるのが一番です。システムは稼働しているしコストもかなり掛かっているはず。売れなければ手数料収入が入らない=コストばかりかさむ。あまりにも売れないようなら、メルカリも手を打つでしょう。

けして「メルカリが悪い」と言っているわけでは有りません。利用する側が「利用の仕方を考えて利用する」。コレが一番だと思います。

ちなみに…私的にはメルカリ→ヤフオクにシフトしつつあります。理由はいくつかありますが、最大の理由は「私には合わない」ということかな?約1年ほど利用していますし、これからも利用は続けると思います。でもメインとしてではなく、あくまでもサブで。
販売チャンネルは増やしたい。いまあるチャンネルは維持させたい。そんな感じでございます。

自分なりの利用の仕方で楽しんでください!
でわ!

(Visited 23 times, 1 visits today)