使いみち」タグアーカイブ

日本のスーパーコンピュータ「京」の後継機は「富岳」、2021~2022年頃供用開始らしいですね。

1秒間に1京回(10ペタ)の計算をこなすことから名付けられた、日本のスーパーコンピュータ「京」。
2019年8月16日で可動を停止し、撤去作業が進めれれているとのこと。
2012年9月から供用が開始され、7年で停止・撤去のようですね。

「京」がどの様に運用され、約7年間でどれだけの実績を上げたのかはワタシにはわかりません。
でも、7年で元が取れるだけの実績を上げたのならすごいなって思うけど、実際どうなんでしょう?

NECが開発した「地球シミュレータ」、現在でも稼働中ですよね。
初代が2002年から2009年、2代目?(ES2)は2009年から2015年、現在は3代目?
2015年から共用が開始されて、現在もジョブ投入されてるから稼働中ですよね。

「地球シミュレータ」の目的は、その名の通り「地球」に関する物。

  • 地球温暖化予測
  • 地球内部変動研究などの海洋地球科学分野
  • 気象に関することももそうなのかな?

「京」ってさぁ、多額のお金(税金)をつぎ込んで開発されみたいだけど、「地球シミュレータ」ほど名前が出てこないですよね。
いったいどの分野の何を計算?するためのスーパーコンピュータだったのでしょうね?

で、その後継機の「富岳」、「京」の100倍の性能を目指すってなってるけど、イマイチよくわからないですよね。
「京」では成し得なかった?ことが「富岳」では容易にできるようになる?
「京」を立った7年使っただけで、撤去して新しく「富岳」を開発する意味が、ほんと分からないよね。

「京」も、おそらく数々の素晴らしい実績を残してると思うんです。
だったら、「この計算は京で実行し、結果世の中のココが変わりました」とか、
「京で計算した結果、1年かかる計算をたった1日で終わらせ、〇〇の開発・研究スピードが上がりました」的な?

要するに多額の税金を使っているなら、その実績を国民に知ってもらう事も必要なんじゃないかなって思います。
だってさぁ、「1秒間に10ペタの計算ができます!」って自慢されても、「じゃぁその計算能力をどの分野の何に使うの」かが分からないと、つぎ込んだ税金が「生きてる」のか「死んでる」のか分からないですよね。

「税金は取られるけど、どう使われているのか分からない」
「広く多く集めるけど、使い方は隠す」

結果、政治不信というか、国不信?になって。
税金は「収めるもの」ではなく「取られるもの」。
いつまで経っても、国民はそう思うよね。

「富岳」、日本が誇る素晴らしい性能を有した「スーパーコンピュータ」になると思うんです。
世のためになるなら、私的には反対しませんよ。
ただ、「京」もそうだけど、どういうことに使うために開発して、結果が実績として残る。

「政治は結果」ってよく言われるけど、多額の「投資(税金投入)」も「結果」が大切ですよね。
これから世の中にどう貢献し、国民の生活にどう影響するのか。良い影響が出るのか?

「2番ではダメなのか?」ではなく、「1番にならなきゃダメ」でもなく。
高い計算能力ではなく、その能力を何にどう使ったか(どう使いたいのか)。
そして結果どうなったか(どうなるか)。
きちんと説明、広報して欲しいと思う…今日このごろ。
※マスコミもさぁ、こういうのを取材してほしいな!

徒然に思うことを書いてしまいましたw
でわ!

消費税増税の次は「炭素税」。地球温暖化対策税を強化する?

今年(2019年)10月1日から、消費税が8%から10%(ごく一部のみ8%に据え置き)に増税されます。
残り1ヶ月を切ってるんだけど、未だに愚策「軽減税率」の行方もわからず。
我々を「謎の底」に落とし込めようとしております。

私的には、分かりにくい「軽減税率」(据え置き税率)には、反対の立場でございます。
もちろん国税庁とか財務省も分かった上で「軽減税率」を導入するわけで。

消費者に対しては「分かりにくさ」、小売などサービスを提供する側には「機器の入れ替えや事務手続きの煩雑さ、増大さ」。
「もうやめようぜ!」の声(世論)を、ある意味煽っているのでございます。

でね?
消費税が2%アップしたからといって、国の財政状況は余り変わらないわけで。
「足りないものは足りない」らしく、税収アップに向けて、日々努力をしているわけです。
※こういう努力は、怠らないよね。進んでやるよねw

次に打ち出してきたのが「炭素税」。
地球温暖化対策税の段階的な施行が一段落(最高税率まで達した)のをうけ、新たな財源として打ち出してきました。
※ほんと、どこまでも国民から税金搾り取るよねw

地球温暖化対策税の強化版らしく、石油・石炭などCO2を排出する物に対して課税するらしく。
現行の地球温暖化対策税とどう違うのかは全くわからないけど、「地球温暖化対策」の大義名分を前面に押し出しての課税強化。…に見えるけど、

  • 地球温暖化対策に使われている税金を、他のところに回したい
  • 不足する分を「増税(新たな税)」で埋めたい

おそらく、そういう事でしょう。

石油製品、例えばガソリン。

  • 石油税
  • ガソリン税(暫定税率)
  • ガソリン税(本則税率)
  • ガソリン本体の価格

これらを足した金額に消費税が掛かっています。
よーするに、2重3重に掛かっている税金の上に、消費税まで掛かってる。

地球温暖化対策税は、「石油・ガス・石炭」に掛かっていて、それらが上乗せされた形で「ガソリン本体」の価格が決まってるとすれば…いったいガソリンに何重の税金がかかってるの?
っていう話ですよね。

「一つの物に対して一つの税」これが原則。
でも国の原則は「取れるところから取る」。

大義名分があれば国民も納得してくれるだろう。
喜んで「税を負担」してくれるでしょう。
なんて、考えているのでしょうね。

地球温暖化対策税…どのくらいの税収で、何に使われているのか。
環境省のホームページとかを見れば分かるんだろうけど、環境省自ら情報を積極的に出してないし、マスコミでの報道も無いですよね。

よーするに、税を導入するときは公表するけど「喉元を過ぎたら」なるべく隠す。

この国ってさぁ、何に使っているのか分からない「税」って、結構多い気がすよね。
現行の税、増税、新税で「何がどう変わって、私達の暮らしにどう影響してるのか」見せずに、お金だけ集めてる感が強いよね。

こうしたいから「税」、税収はこうで、こんなところに使われて、こうなった。
具体的に教えてくれないかなぁ。
マスコミも、積極的に報道してくれないかなぁ

「炭素税」導入検討のニュースを見て、思ったことを徒然に書いてみた。
でわ!