愚策の次は姑息?全国共通ポイント付与…「マイナンバーカード」って要る?

平成28年に始まった「マイナンバー制度」未だに普及してませんよねぇ。
何百億円も血税を投入してるのに、大失敗だった「住基カード」とかと同じ運命をたどる勢いですよね。

マイナンバー制度の目玉「マイナンバーカード」ですが、発行枚数は未だに全国民の約14%らしく。
私も持ってない。っていうか、
持つ必要性を感じないし、個人情報漏洩のリスクの方が今は大きいですよね。

そこで(愚かな?)政府・国は考えた。
「普及が進まないなら、お金(ポイント)で釣ろう」

2020年度を目指して、マイナンバーカードに「全国で使えるポイント」を付けちゃうよ!
2万円入金してくれたら、5千円ポイント付けちゃう!

的な?

個人情報がたっぷり詰まった「マイナンバーカード」を毎日持ち歩いて、買い物するたびに取り出してスキャン?
レジ係さんに一時的に預ける?
自分でスキャンする?

いずれにしても、店頭で「マイナンバーカード」をスキャンするわけだから、情報漏えいに関するリスクが更に高まるわけで。
2万円で2万5千円分使えるって言われても、ポイントのためだけにそんなリスク取れます?
私は、控えたいなぁ。だって、5千円でリスクは買いたくないですから。

一旦漏洩した情報は、取り戻したり削除・消去することはできません。
特にネットに流出しら、拡散に次ぐ拡散で…それこそ「誰にも止められません」。

本年度中に、すべての公務員・その家族に「マイナンバーカード」を取得させるらしい。
まずは国が先導して…っていうことらしい。
※まずは、公務員が甘い汁の替わりに「リスク」を追わせる魂胆ですな。

今の所なんの得にもならない「マイナンバーカード」を、なんとか普及させたい気持ちはわかるけど。
そもそも「国民総番号制」で、「取りはぐれのない納税」を目指してるんだから…普及するはずもなく。
どんなに「特典」を積み上げても、普及しないんじゃないかなぁ。

国の思惑と国民の思いが完全に不一致な政策。

国民からの視点で、考えられないのかねぇ。
机上の空論ばかり述べてないで、もっと現場(国民の生活)を見ましょうよ。

「マイナンバーカード」今の所取得しようとは思わないけど、これからどんな愚策が飛び出すのか。
しばし様子見ですね。
でわ!

※「マイナンバーカード」で検索したら、こんなの出てきましたw

(Visited 6 times, 1 visits today)