時事刻々:公務員より、国会議員の定数削減&歳費カットが先だよね!

公務員のボーナスを10年ぶりに引き下げる方針のようですね。まぁ収入(税収)が減ってるんだし、新型コロナの影響もあり、民間の収入が大幅に減ってるからねぇ…仕方がないことかもしれません。でもさぁ、新型コロナの対応でめちゃくちゃ大変だった部門、例えば保健所などの職員は、頑張ってるんだからボーナスとか多く出してもいいと思うんですけどね。

っていうかさぁ、仕事しない国会議員の歳費を半減させることが先だと思いますよ。特に逮捕され留置されてる国会議員、この人達って仕事してないよね。だったら留置期間中は無収入でもいいはず。なぜ歳費を支払い続けているのか、他の国会議員・野党の皆さんは当然のことだと思ってるんでしょうか。歳費=国民の血税ですよ!即刻・直ちに停止すべきだと思うんだけどねぇ。

そういえば、消費税増税時に野田氏と安倍氏が約束した「国会議員・衆議院の定数削減」なぜしないのかな?もう8年近く経ってるし、安倍氏からすがっちに首相も交代してるのに…国会で発言・約束したこと、特に自分たち議員に関することは、必ずといっていいほど実現・実行されないのはなぜでしょう。なぜ野党も追求しないのでしょう。なぜマスコミも声を上げないのでしょう。

税と社会保障の一体改革も、今のところは「税」しかも「増税」だけで、社会保障の方は良くなるどころか悪くなってるよね。

結局の所、国会議員の皆さん(野党・与党を含む全ての国会議員)は、自分に不利になることは、「言うだけ」で実行しない。そんな人達にこの国を任せてて良いのでしょうか。

まずは自分たちから襟を正してほしいと思います。
でわ!

(Visited 1 times, 1 visits today)