政治・経済」カテゴリーアーカイブ

人口の28.4%が65歳以上の高齢者。今後ますます…

今日は敬老の日ですねぇ~
おばあちゃん、おじいちゃんに、感謝してますか?

9月15日現在で、3,588万人。
人口の約28.4%が、65歳以上の高齢者とか…
16歳未満の、いわゆる「子供」の割合は約13%。
どんんだけ高齢者が多いか…少子高齢化が進んでいるかが分かりますね。

65歳以上で働いている人は、約862万人。
働いている人の約12.9%が高齢者ということらしく。
働きたくて働いている人もいれば、公的年金や貯金がないなどの理由で、働かざるを得ない人も多いんでしょうねぇ。

とか言ってる私も、初老域に達していて、「高齢者」への仲間入り目前でございます。
ちなみに私は…65歳以上(高齢者)になってまで、働きたくないですねぇ。
悠々自適とまではいかなくても、質素に生きれればいいって思っております。

毎年「少子高齢化」が叫ばれ、2007年に担当大臣(内閣府特命大臣:少子高齢化担当)も設定されてます。
今現在は、第4次安倍内閣第2次改造内閣で、21代担当大臣は「衛藤 晟一(えとう せいいち) 」氏。
2007年から続いて担当大臣も居るのに、全くと言っていいほど目に見える成果が無いですよね。
ホント「名ばかりの担当大臣」、「ポストありきの大臣」なんでしょうね。

高齢者が増え、現役世代は減っていく。
公的年金制度は「数字上」だけで、実際は崩壊寸前。
※政府って「数字の見せ方」や「数字のごまかし方」が上手だよね。
※日々どうやって「国民の目を欺くのか」をひたすら考えてるんでしょうね~

政治家も分かってるのに、高齢者の反発を食らうことを恐れて何もしない。
っていうか、自分たちも「高齢者(超高齢者?)」ですからねぇ。
「高齢者」の方を向いて仕事してるんだから、お話になりません。

いっそのこと「政治税」でも作ってもらって、税金を収めてもらいたいくらい。
あ…ダメだ、政治家(国会議員を含む議員さんたち)の原資は血税だから、税金の中から税金を収めてもらうのはダメですね。
※どちらにしても自分たちが不利になることは、政治家として不退転の決意を持って絶対にやらない」よねwww

長々と つまらんことを 書いてしまいました。

超高齢化社会に向けて、少子化担当大臣は「名ばかり」じゃなく、ちゃんと仕事してくださいね。
予算がないっていうのなら、戦闘機を数機買うのをやめればいんじゃね?

敬老の日の午後、こんなことをふと思ってしまいました。
でわ!

消費税の話題って、偏りすぎてると思うのは私だけ?

10月から消費税が2%増税されて10%になるのは、みなさんご承知だと思います。
一部の食品に限っては、増税が据え置きで8%のまま。
っていうことも、ご存知ですよよね。

では、2%増税で得たお金(税収)の使いみちは?って尋ねられたら?

  • 社会保障費に当てるんじゃないの?
  • 幼稚園とか保育園など、教育の無償化に使うんじゃないの?

ワタシ的には、これくらいしか思い浮かびません。
どれも具体的じゃなく、なんだか「ぼや~」ってしてるんですよね。

つまり、2%増税で得るであろう「4兆円を超すお金」の使いみちを、具体的にはっきりと報道されていないんです。

最近のニュースを見ると、

  • 10月1日をまたぐと、消費税はいくら?
  • 店内で食べると10%だけど、持ち帰るつもりで8%で買った物を店内で食べたら?
  • NHKの受信料、学校の教育費は?
  • 生理用品って生活必需品なのに、なぜ据え置きじゃないの?

ばっかりなんですよね。

そんなことより、増えた税収を

  • 何に使うのか
  • どのくらい使うのか
  • 人々の暮らしがどう良くなるのか

の方が、関心高いと思うんだけどなぁ。

税収の一部を景気対策(増税による消費低迷対策)に当てる?
本末転倒ですよね。
だったら、増税しなきゃイイじゃん。っていう話ですよね。

景気・消費が低迷するけど、〇〇をするためにはお金が必要。
今の税収では足りません。
なので、2%消費税を上げさせてください!

なら分かるけど、いくら足りない?どのくらい使われる?のかはっきり報道されてないのに、「足りないから」で上げられたら、ほんとたまったもんじゃないですよね。

政府や財務省?
使い道などは霧の中、あやふやにしたいんだろうけど、税負担するのは我々国民です。

  • 血税の使いみち(Plan)
  • こう使われました(Do)
  • この点が良くなった・悪くなった(Check)
  • 反省を踏まえて、次の行動を起こしましょう(Action)

PDCAサイクルってビジネスの基礎だけど、政治の世界も同じだよね。

今までは、P→Dのサイクルが(ぼやっとしか)見えないけど、CもAもやってるよね?
マスコミには、この辺をきちんと検証して報道して欲しいと思います。
でわ!

消費税増税の次は「炭素税」。地球温暖化対策税を強化する?

今年(2019年)10月1日から、消費税が8%から10%(ごく一部のみ8%に据え置き)に増税されます。
残り1ヶ月を切ってるんだけど、未だに愚策「軽減税率」の行方もわからず。
我々を「謎の底」に落とし込めようとしております。

私的には、分かりにくい「軽減税率」(据え置き税率)には、反対の立場でございます。
もちろん国税庁とか財務省も分かった上で「軽減税率」を導入するわけで。

消費者に対しては「分かりにくさ」、小売などサービスを提供する側には「機器の入れ替えや事務手続きの煩雑さ、増大さ」。
「もうやめようぜ!」の声(世論)を、ある意味煽っているのでございます。

でね?
消費税が2%アップしたからといって、国の財政状況は余り変わらないわけで。
「足りないものは足りない」らしく、税収アップに向けて、日々努力をしているわけです。
※こういう努力は、怠らないよね。進んでやるよねw

次に打ち出してきたのが「炭素税」。
地球温暖化対策税の段階的な施行が一段落(最高税率まで達した)のをうけ、新たな財源として打ち出してきました。
※ほんと、どこまでも国民から税金搾り取るよねw

地球温暖化対策税の強化版らしく、石油・石炭などCO2を排出する物に対して課税するらしく。
現行の地球温暖化対策税とどう違うのかは全くわからないけど、「地球温暖化対策」の大義名分を前面に押し出しての課税強化。…に見えるけど、

  • 地球温暖化対策に使われている税金を、他のところに回したい
  • 不足する分を「増税(新たな税)」で埋めたい

おそらく、そういう事でしょう。

石油製品、例えばガソリン。

  • 石油税
  • ガソリン税(暫定税率)
  • ガソリン税(本則税率)
  • ガソリン本体の価格

これらを足した金額に消費税が掛かっています。
よーするに、2重3重に掛かっている税金の上に、消費税まで掛かってる。

地球温暖化対策税は、「石油・ガス・石炭」に掛かっていて、それらが上乗せされた形で「ガソリン本体」の価格が決まってるとすれば…いったいガソリンに何重の税金がかかってるの?
っていう話ですよね。

「一つの物に対して一つの税」これが原則。
でも国の原則は「取れるところから取る」。

大義名分があれば国民も納得してくれるだろう。
喜んで「税を負担」してくれるでしょう。
なんて、考えているのでしょうね。

地球温暖化対策税…どのくらいの税収で、何に使われているのか。
環境省のホームページとかを見れば分かるんだろうけど、環境省自ら情報を積極的に出してないし、マスコミでの報道も無いですよね。

よーするに、税を導入するときは公表するけど「喉元を過ぎたら」なるべく隠す。

この国ってさぁ、何に使っているのか分からない「税」って、結構多い気がすよね。
現行の税、増税、新税で「何がどう変わって、私達の暮らしにどう影響してるのか」見せずに、お金だけ集めてる感が強いよね。

こうしたいから「税」、税収はこうで、こんなところに使われて、こうなった。
具体的に教えてくれないかなぁ。
マスコミも、積極的に報道してくれないかなぁ

「炭素税」導入検討のニュースを見て、思ったことを徒然に書いてみた。
でわ!