値段は同じ、でも中身はどんどん減っていく。

「シュリンクフレーション」 っていう言葉、ご存知です?
簡単に言えば、タイトル通りの言葉です。

皆さん大好きな「かっぱえびせん」。
消費税は据え置きの8%ですが、原材料の値上げなどにより本来なら値上げしたい。
でも値上げすれば「客離れ」が心配。

だったら値段は同じで、中身を減らせばいい。
実際、2019年9月出荷分から、4.4~6.3%ほど内容量が減っております。

実質「値上げ」っていうことですね。

5%程度内容量が減っていても、おそらく気が付かない。
または、「ん?ちょっと少ない気がする」程度だと思うんです。
でも、内容量を減らす処置は今回だけではなく、今後も続くでしょう。

内容量が減った上で、値上げも行われるかもしれない。

「原材料・人件費などの高騰などにより、企業努力だけでは吸収しきれなくなりました」
よく言われることですね。
何でも値上がりする世の中だから、商品が値上げされることは仕方がないとは思います。

10月から消費税が2%増税されて「10%」になります。
たった2%?されど2%。
今回の増税で、約4兆円税収が増えると言われています。

なんと言っても、我々の血税。
増えた分をどう使うのか、我々は厳しく見守る必要がありますね。

ただ、4兆円増えても、景気悪化対策?にかなりのお金をかけるらしく。
分かりにくい税制を更に分かりにくくする「据え置き処置(軽減税率)」や、キャッシュレスのみに対応するポイント還元。
ポイント還元もお店によって還元率に差をつけたり、そもそも還元されなかったり。
今回の処置って、まるで「やりたくない」為の「愚策」ですよね。

ここで文句を言っても、始まらないんだけど…

必要な物は買う。
すぐに必要ではない物は、考えてから買う。
ついで買い・衝動買いは控える。

「消費税が上がるから」ではなく、日頃から考えて買いたいですね。
でわ!

(Visited 3 times, 1 visits today)