月別アーカイブ: 2019年8月

私的には、ゆうパックとかは配達してほしかなって思います。

日本郵便、土日配達を休む件について、賛否両論別れているようですね。
私的には、一部の郵便物を除いて、土日祝日配達はやめてもいいと思うんです。

  • ゆうパック(小包・冷凍・冷蔵便を含む)
  • 書留(簡易書留)
  • 速達

要するに、「本人」または家族が在宅していなければ受け取れない郵便物
土日祝日しか受け取れない人もいると思うので、土日祝日も配達してくれるとありがたいですね。

もちろん「働き方改革」などで、残業が減ったり休日出勤できなくなってきているとは思いますが…
日本郵便も「サービス業」だと思うので、労働者(配達する側)だけではなく「利用者の利便性」も考えないといけない訳で。

宅配便・宅急便とかは、土日祝日関係なく配送・配達してくれますよね。
ゆうパックなどを扱う「日本郵便」も、ある意味同じだと思うんです。

ちなみに…宅配便・宅急便って、受け取る側が何もアクション取らなくても「再配達」してくれてますよね。
でも「ゆうパック」とか書留などの郵便物、これらは受け取る側が何らかのアクション取らないと受け取れないですよね。

もちろん「再配達」が、大問題になっているのは分かっています。
「再配達」が減れば、それだけ労働力も削減されますよね。
荷物を受け取る側も、利便性だけを求めずに、配達する側の立場に立って考えないといけない問題でもあると思います。

私的には「自動的に再配達しない」仕組み。
受け取る側が「不在票」を見て、自分で営業所(郵便局)に取りに行く、必ず在宅(受け取れる)時間帯を指定・連絡する。

を徹底すれば、配達する側の負担も大幅に軽減されると思うんです。
負担の軽減ができたならば、郵便物の度の地祝日配送もできるはず。

確かに利便性・便利(過ぎる?)環境の中で過ごしてきている私達、サービスを受ける側は「このまま将来に渡っても甘受したい」思いも分かります。
ですが、配達する側・受け取る側、どちらもwin-winの関係を目指すならば、配達する側の手間・苦労も考える必要があるのかなって思います。

在宅して受け取る必要がある郵便物は今まで通り、それ以外のダイレクトメールとは土日・祝日配達は無くても良いと思う。

でね?
配達以外に、せめて大きな局だけは、夜間・休日受付窓口はあってほしいですね。

私的考えはこんな感じです。
皆さんはいかがです?
でわ!

台風10号、皆さんのところは大丈夫でしたか?

愛媛県新居浜市の実家に居るのですが、台風10号が近づいてます。
※2019年8月15日10時半頃この記事を書いてます。

松山市付近?上空を通過するようで、今は九州と四国の間の海域に居るようですが…
実家付近では、今は雨は小降り・空も明るく・風もそんなに強くは吹いてないです。
※暴風雨圏内には入ってるっぽいけど…セミも鳴き始めました(汗)

もともとこの辺は、四国山地にぶつかった雲が高知県で雨になり、こちらの方は余り雨が降りません。
今回も同じような感じで、雨は(台風としては?)少な目っぽいです。

これから中国地方に抜けていくようで、強い雨が降り続くみたいですね。
台風の通り道に当たる地域、離れている地域でも風雨が強くなる予想が出ています。
くれぐれも注意してくださいね。
でわ!

※2019年8月16日追記
うちの地域では15日に通過しましたが、通過前より後の方が風雨ともに強かったですね。
日本海を通って北海道の方に進んでるようですが、台風の進路に当たる皆様、くれぐれもご注意くださいね。

テストです

これはテストです。